志、未来へ繋ぎたい 皆様と共に行動を起こし、この危機を解決し日本の健康に貢献したいと願っています。

  • 法人概要
  • 活動方針
  • 活動について
  • 理事一覧
  • 賛助会員一覧

目次

外科医を目指して

東北大学 消化器外科学分野 大学院生 土屋 朗之先生

外科医にならずに後悔しませんか?

青森県立中央病院 心臓血管外科 伊藤 校輝先生

未来の輝ける女性外科医のみなさんへ

東北大学病院 乳腺内分泌外科 佐藤 章子先生

膵臓がんとの闘い Know it,Fight it,End it

NPO法人 パンキャンジャパン 代表 眞島 喜幸先生

外科医 昨日、今日、明日

労働者保険福祉機構 東北労災病院 副院長 徳村 弘実先生

私が外科医として過ごした日々

東北大学 総長 里見 進先生

外科医を目指して
東北大学 消化器外科学分野 大学院生 土屋 朗之先生

  2001年に弘前大学医学部に入学したが、ラグビーに夢中で、それほど勉強したわけではなかった。 2007年に仙台徳洲会病院に入り、初期研修と後期研修を受けた。 夜もろくに寝られないほどの当直を月に7~8回担当しており、多くの症例を学べたことが良かった。 2010年からは石巻市立病院に移って外科の研さんを積んだ。

写真:セミナーのようす

  2011年3月11日、石巻市立病院で胃の摘出手術をしている時に大きな地震があった。 揺れが収まるのを待って手術を再開したところ、外科部長の内山哲之先生が手術室に入ってきた。 何かあったら大変だからと、残りの執刀は内山先生が行った。 ほどなくして津波の情報が寄せられた。 周りがざわつく中、電源が落ちてしまった。 懐中電灯の明かりを頼りに、患者さんの手術を終えた。 全員が4階に避難したところ、まもなくして津波が押し寄せてきた。

 津波が去った後、通信手段が全て途絶えた。 職員たちは点滴を飲み、非常食を食べるなどしてつないでいたが、次第に患者さんたちも弱ってきた。 特に胃の摘出手術をした患者さんの消化器を早くつながなくてはならなかった。 まだ腰の高さまで海水が満ちていたが、誰かが石巻市役所に行って救助を要請することになった。 「ある程度発言力のある人が行かないと救助は来ないかもしれない」と、内山先生と事務部長が向かうことになった。 大震災から4日目にようやく救助のヘリコプターが来て、患者さんを搬送できた。 その後も、私は学校の体育館などで被災した市民の健康管理などを担当していたが、内山先生は「これでは外科の技術を身につけられない。 東北大学に戻って勉強した方がいい」と言われ、東北大学大学院消化器外科学分野に入学した。

 2012年に内山先生は石巻赤十字病院に移り、まもなく急死した。 大震災後のストレスや疲労が溜まったのだと思う。 結局、震災関連死として扱われたようだ。 内山先生は、大震災ですばらしいリーダーシップを発揮しただけでなく、日頃から「何かあったら全部私が責任を取るから思い切って執刀しろ」と言う男気のある医師だった。 休日の臨時手術にもほとんど携わっていた。 内山先生に直接恩返しできる機会は失ってしまったが、先生から教わったことを胸に日々外科の研さんを積んで、少しでも先生に近づくことが唯一の恩返しだと思っている。

演者略歴

土屋 朗之先生

土屋 朗之(つちや はるゆき)先生
東北大学 消化器外科学分野 大学院生
【略歴】
2001年 4月弘前大学医学部医学科 入学
2006年 3月弘前大学医学部医学科 卒業
2007年 4月仙台徳洲会病院 初期研修
2009年 4月仙台徳洲会病院 外科 後期研修
2010年 4月石巻市立病院  外科 後期研修
2011年 4月東北大学大学院 消化器外科学分野 入学