特定非営利活動法人 日本から外科医がいなくなることを憂い行動する会(若手外科系医師を増やす会)

文字サイズ
  • 標準
  • 大きく

ニュースレター 2013年春号

今号の内容

Seminar Report
手術のやりがい"を若手も実感 "きみが外科医になる日"セミナー東京

NPO法人日本から外科医がいなくなることを憂い行動する会は、2013年2月16日に、東京都新宿区で、第3回「きみが外科医になる日」セミナーを開催した。会場には、若手外科医や研修医、医学生など約250人が来場し、先輩外科医が語るエピソードに耳を傾けた。

Seminar Report
セミナーのダイジェスト

セミナーの様子を少しだけご紹介いたします。

Seminar Report
"手術のやりがい"を若手も実感
"きみが外科医になる日"セミナー東京

きみが外科医になる日セミナー東京の様子

セミナーでは、日本医科大学学長 田尻孝先生の座長のもと、若手外科医が仕事のやりがいや魅力について語ったほか、特別講演では外科手術を受けた患者が自らのエピソードを披露して外科医の必要性を訴えた。
続いて、杏林大学学長の跡見裕先生が座長を務めた第2部では、ベテラン外科医が自らの体験を紹介し、今後の外科医のあり方などについて提言した。 特別講演では、国際医療福祉大学学長の北島政樹先生(当会副理事長)が「きみが外科医になる日」をテーマに、最新の手術やこれからの医療技術の展望を語った。
セミナーに引き続き開かれた懇親会場には、手術体験ワークショップコーナーを設置。コヴィディエン ジャパン株式会社とジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社が、実際の手術でも使用する腹腔鏡や内視鏡器具、手術シミュレータを設置し、医学生たちはカメラの映像を見ながらの結紮や吻合を体験した。

Seminar Report
セミナーのダイジェスト

Copyright © 日本から外科医がいなくなることを憂い行動する会. All Rights Reserved.

ページの先頭へ