特定非営利活動法人 日本から外科医がいなくなることを憂い行動する会(若手外科系医師を増やす会)

文字サイズ
  • 標準
  • 大きく

平成23年11月20日開催
徳島大学の外科医体験キッズセミナーを堪能

セミナー概要

平成23年11月20日に開かれた「第2回徳島大学キッズセミナー 」に、当NPO法人理事長の松本晃が参加しました。小4~中2の40名が7つの班に分かれ、(1)救急救命(2) 胃・大腸カメラ&エコー(3)触診&手洗い(4)模擬手術(ハーモニック・電気メス等)(5)腹腔鏡Boxトレーナー(6)ラップメンター(7)手術器械ロボット(ダビンチ・テムザック)を体験しました。"とにかく楽しむ"を合言葉に、真剣に取り組む子どもたちの姿が印象的でした。
このキッズセミナーの特徴は、事前準備や当日の運営をしているのが、医学生や研修医など学内公募のボランティアである点です。マンツーマンで子どもたちと向き合って外 科の楽しさを教えることで、医学生や研修医が外科医の魅力を再認識するのが狙いのようです。一方、医学生や研修医の陰で、ひたすら裏方に徹してセミナーの運営を見守る現役外科医の姿もちらほら。世代を越えた人たちが「外科技術」によって1つにまとまった セミナーは、笑いと活気にあふれていました。

セミナーの様子

Copyright © 日本から外科医がいなくなることを憂い行動する会. All Rights Reserved.

ページの先頭へ